2016年09月22日

これからの住宅2016「理想の家のつくり方」

ELLE・DECO (エル・デコ) 2016年10月号
(2016年09月07日発売) 紙版の目次


紙版|デジタル版


これからの住宅2016「理想の家のつくり方」
理想の家とはどんなものだろう? 
誰もが想像した経験があるはずです。デザイン? 間取り? 
そんなとき真っ先に思い描くのは「何をしたいか」ではないでしょうか。
今回は、そんな思いを建築家とともに具現化した家々を訪れました。
そこで私たちは、豊かな家を作るために必要な「暮らしの想像力」を発見しました。


●何もないことを楽しむオペラグラスのような別荘
忙しい都会の日常から離れ、自然の移ろいの一部になる。
富士山麓の河口湖畔に立つこの別荘には、そんな何もない贅沢がある。
設計を手がけたのは、まさに“何もない”ミニマル建築で知られる小川晋一氏だ。


●みんなが小屋に夢中!
世界中の建築家やデザイナーたちが今、「小屋」に夢中だ。
ITやクラウド技術の発達で、どこでも仕事ができ、誰とでも繋がることのできる時代。
デュアルライフも進むなか、ミニマルな小屋への憧れがリアルになりつつある!


●若手建築家が知りたい!
「夢のマイホーム!」というよりは、
自分たちの趣味や暮らし方を色濃く投影したリアルライフのための空間を望む人が増えてきています。
そんな世代が今一緒に家を作りたいのは、“センス”を共有できる建築家。
「これいいよね!」と言い合える、そんな若手建築家5組を紹介します。


●世界で見つけた、理想の家のつくり方
この特集では、週末の別荘から隠れ家のような空間のつくり方、
子供の成長を考えたリノベーションまで、世界の実例をめぐりながらその方法を探ります。
そして、今回は特別バージョンも用意! 
UK版エル・デコが実際にペントハウスをデザインしたケースもご紹介。
あなたの夢の家づくりのヒントが、きっと見つかるはずです!


●やっぱり気になるイタリア・デザイン!
イタリアのデザインには、初めて触れた人を感動させる何かが備わっている。
はたして、この国で生み出されるデザインは何が違うのか? 
世界中の感度の高い人々が常に意識する、
そのクリエイションの背景には傑出したもの作りに対する姿勢と、
長年にわたって培ってきた技術力が潜んでいた。
私たちが艶めきを感じるイタリア・デザイン、その魅力の本質に迫ります。
posted by DECO at 12:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

シンプルで美しいもの

ELLE DECOR(エルデコ)
2016年2月号 (2016年01月07日発売) 紙版の目次


紙版|デジタル版

シンプルで美しいもの
シンプルで美しいものは、その単純性ゆえ、時を超える力を持っています。
使い込むことで味わいが生まれ、愛着が増し、かけがえのない一生ものへと育っていく。
今号では、日常の中にある極まったデザインを探す旅をします。
自分の価値観でものを選び、大切に使う暮らしは楽しい!
一歩踏み込んだ、ものとの関係を築いてみませんか?


●シンプル・アイテム図鑑
ショップに並んでいるときがいちばん美しい、というのではつまらない。
使い込むことで味わいが引き出されたり、日々、発見や喜びが生まれるものと暮らしていきたい。
そんな思いを胸に、誰もが知るスタンダードよりほんの少しだけ"知られざる名デザイン"を集めました。


●シンプルに飾る、美しく暮らす
シンプルにデコレーションされた部屋には、心地よい時間が流れている。
それはそこに暮らす人が、物と物の間合いや色のコーディネイトを大切にしているから。
今回訪れた家々には、美しく暮らしたいという住人たちの思いが溢れています。
ささやかな時間の大切さを教えてくれる、シンプル・デコレーションの家へご招待します。


●Design Trend 2016
デザインの関わる分野そのものが飛躍的な拡大を続けるなか、
2016年はどのようなトレンドが私たちの暮らしに潤いをもたらし、刺激を与えてくれるのだろう。
さまざまなジャンルに関わるキーワードを足がかりに、
来るべきデザインの潮流を大予測!各パートを読み解けば、
今年知っておくべきデザインにまつわる「ヒト・モノ・コト」がリアルに見えてくる。


●東京のデザインウィークを徹底リポート!
いくつかのインテリアショップから始まった東京のデザインウィーク。
年々その規模は大きくなり、10月末〜11月初めに集中する展示やイベントは、
今や駆け足でもすべてを見て回ることができないほどに成長した。
盛りだくさんだった2015年のデザインウィークをおさらいして、トレンドを把握しよう。


●世界のデザインホテル最新案内
スターデザイナーたちの手がけたホテルが、世界各地に続々とオープンしている。
都市の魅力を引き出した設えで、旅の醍醐味を味わえる注目のデザインホテルをさっそくブックしよう!
posted by DECO at 18:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

エルデコ ----- 北欧デザインと暮らしたい!●

ELLE DECOR(エルデコ) 2015年8月号 (2015年07月07日発売) 紙版の目次

紙版|デジタル版


北欧デザインと暮らしたい!●
日常に溶け込んだデザインを探す、北欧の旅。
スウェーデンでは、リサ・ラーソンの自宅を訪ねてお茶を一緒にいただいたり、
“ガラスの王国”でヴィンテージを探したり。
デンマークの美術館やレストランの空間を巡るいっぽうで、
フィンランドでタピオ・ヴィルカラの仕事をひも解いてみたり…。
そこには、使われることによって完成する美がありました。
北欧が生み出した暮らしに寄り添うデザイン、その魅力を感じてください。


●リサ・ラーソンの幸せな毎日●
まるで訪ねてきた親戚のように、私たちを温かく自宅に迎えてくれたリサ・ラーソン。
リサと夫のグンナルによる作品、長く大切に使われてきた古い食器や家具、
旅先で手に入れた思い出のオブジェなど、ここではすべてのものに物語がある。
そして日常の一部として、新しい作品が今日もこの場所から生まれている。


●ガラスの王国に眠るヴィンテージに出会う旅へ!●
スウェーデン南部のスモーランド地方に、.ガラスの王国1と呼ばれる場所がある。
現在もコスタ ボダやスクルフなどの有名工場があるが、かつては100軒近い工房があったという。
どこまでも続く森をドライブしながらヴィンテージショップを巡り、ガラスの宝探しをしよう!


●ミラノ・サローネ2015詳報!●
ミラノ万博の前哨戦ともいうべく
いつになく街全体が大きな盛り上がりを見せた2015年のミラノ・サローネ。
今回エル・デコは5つの視点から気になるデザインの流れをダイジェストしてみた。


●平和のデザインを訪ねて広島へ●
太平洋戦争の終結から70年目の今年、
「70年間草木も生えない」といわれた広島の街には、水が流れ、緑が輝き、人々は活気に溢れている。
その復興を支えた陰には、巨匠たちによる名建築の数々とそれを見て
建築を志した者たちが継承し続けてきた思いがあった。
「平和」を祈りながら更新されてきた街を、エル・デコと一緒に旅してみよう。


●別冊付録!北欧インテリア図鑑●
今回は、ヴィンテージの器から名作チェア、人気ブランドのテーブルウェア、テキスタイルの定番まで、
北欧の優れたデザインをこの一冊にギュッと詰め込みました。
どんな人がデザインしたの? その背後にあるストーリーは? どこに行けば買える?
そんな疑問にもお答えする、北欧デザインがまるごとわかるハンドブック。
いつも手元に置いておきたい、便利な特別保存版です。
posted by DECO at 16:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

英国の美しい暮らし(エルデコ)

ELLE DECOR(エルデコ) 12月号
(2013年11月07日発売) の目次


英国の美しい暮らし
・郊外の小さな美術館
・海辺の街で日用品探し
・ロンドン最新ガイド
●照明のトレンド図鑑
●ネンドによる“くまのプーさん”Project
posted by DECO at 18:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

北欧のいま、あたらしい暮らし方。,,,,,そして2013年の今年、さらに“北欧の暮らし”は深化している。(エルデコ)

ELLE DECOR(エルデコ) 8月号
(2013年07月05日発売) の目次


●北欧を訪ねて。●
いま、北欧に新しいデザインムーブメントが起きている!
HA Y 、muuto、LIGHTY E A RS、& tradi ti on……etc.
2 0 0 0年代になって産声を上げた、北欧ブランドの勢いが止まらない。
名作家具とデザインマスターに彩られた北欧で、何が起きているのか?
その真相を探りに、エル・デコ取材班は北欧へ飛んだ。
セシリエ・マンツ、ガム・フラテージ、ノーム・アーキテクツ、ダニエル・リーバッケンなど、
北欧の新世代デザイナーを訪ねたり、
世界で注目を集める山奥のレストランのクリエイションを読み解いたり。
コペンハーゲンのデザイン散歩、ノルウェーの大自然と建築&アートをめぐる旅まで。
進化しつづける、北欧のリアリズムをお届けできたら!
この夏は、まだ見ぬ新しい北欧を肌で感じに行きませんか?


北欧のいま、あたらしい暮らし方。
北欧の暮らし方は、ずっと私たちの憧れで、美しい生活のスタンダードだ。
空間はシンプルで道具は機能美にあふれ、豊かな自然が広がる……。
そして2013年の今年、さらに“北欧の暮らし”は深化している。
マルメの邸宅で暮らすおしゃれカップルや、色がとびきり楽しいデンマークの部屋、
ラスティックな宝物を集めた田園の家に、スウェーデンの森に立つ茶室。
さまざまなスタイルから共通して見えてくるのは、「もっと自分らしく」という意志。
名作家具とイケアを合わせたり、今までになかったパステルカラーを使ったり、
新しい北欧スタイルはより自由に羽ばたき始めている。
彼らのセンスを学び、自分らしいスタイルのある空間にトライしてみよう。


●ミラノ・サローネ詳報!●
ミラノ市郊外フィエラの本会場で開催されるミラノ・サローネ国際家具見本市と
市内数百カ所で開催されるフォーリ・サローネ。
この時期ミラノに集うクリエイションは、今年のデザインの流れを決める貴重な手がかりだ。
今回お届けするミラノ・サローネ詳報では、
家具ブランドの最新プレゼンテーションから紐解くデザイントレンドを皮切りに、
ルカ・ニケット、フィリップ・二グロといった、世界が注目する若手デザイナーへのインタビュー、
ミラノデザイン界の重鎮、R ・オルランディの強烈な博物館展示のリポートまで、
知っておきたい“ミラノ・サローネ2013”を厳選してお伝えします。


●おいしいキッチンへようこそ!●
人を招いて楽しい時間を過ごしたり、一緒に料理をしたり、家の主役となりつつあるキッチン。
イタリアのゲストハウスに学ぶプロのもてなし術から、
国際見本市アンビエンテで発表された最新ツールまで、
みんなが集まるキッチンの作り方を教えます。オーガニックレシピもぜひ参考に!


●【別冊付録】Life Design Labもっと収納を楽しもう!●
IDC OTSUKAとELLE DECO Rが“暮らしを快適にデザインしよう!”をキーワードに編集する、
デザイン情報満載のタブロイド。第3 号は快適な空間づくりに役立つ収納術について考えてみました。
posted by DECO at 12:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

●植物と暮らす!● ,,,,, グリーンといつも寄り添っていたいけど、どうすればいい?(エルデコ)

ELLE DECOR(エルデコ) 6月号
(2013年05月07日発売) の目次


●植物と暮らす!●
グリーンといつも寄り添っていたいけど、どうすればいい?

今号では、植物とより気軽に、さらに楽しく暮らすため、パリや北欧の優雅なグリーンライフから、
2人の園芸男子がこっそり教える実践的な緑の飾り方まで、植物との暮らしに役立つ情報をたっぷりお届けします。
ピクニックに出かけたり、鉢植えを育てたり、都会の真んなかでも真似できるアイディアと便利なグッズも満載!
自分だけの、オリジナルなスタイルがきっと見つかるはず。さあ今年こそ、グリーンと暮らし始めませんか?


●植物と暮らすための、インテリア術!●
植物と暮らすことを決めた家には、なにかしら予期せぬ楽しさが潜んでいる。
静かに葉をひろげたり、花を咲かせたり、小さな新芽を出したり、そのたびに部屋にはささやかな変化が生まれ、
毎日がちょっと楽しくなる。ミラノの部屋では巨大サボテンが歌い、パリでは緑の壁がさざめく。
’70年代ブラジルのモダン建築でも、ボヘミアンな北欧の田舎屋でも、いろんなスタイルで、いろんな感性で、
植物と暮らす部屋がいま増えています。


●EDIDA 2013 速報●
デザインの未来を称え、感動に包まれたミラノの一夜。
「エル・デコ インターナショナル・デザイン・アワード(EDIDA/エディーダ)2013」の授賞式が、
ミラノ・サローネ会期中、市内の中心地に位置する劇場テアトロ・マンゾーニで開催された。
今年デザイナー・オブ・ザ・イヤーの栄冠に輝いたのは果たして……。


●名作チェアだけではない!いま、なぜイームズなのか?●
20世紀を代表するデザイン界のスーパースター、チャールズ&レイ・イームズ!

展覧会の開催、ドキュメンタリー映画の公開など、彼らを知るまたとない機会が訪れている。
親しい人々の証言や古い写真、フィルムの端々から伝わってくる彼らの暮らしはとてもチャーミングで、
いまの時代に私たちが求める豊かさがそこにある。現代の文脈でイームズをとらえ直すとき、
彼らが残したものは名作チェアだけではない。
今月号では、“イームズ夫妻の暮らし方”が教えてくれることにスポットをあてます!


●最新MAP付き青山インテリアガイド!●
新しくなった青山で、デザイン散歩をしよう!

マストで押さえておきたい青山3丁目交差点付近ほか、骨董通り周辺エリアにもニューショップが続々!!
歩いてみなくちゃわからない、青山の変化。今度の日曜日、さっそくどうぞ。
タブロイド


●【別冊付録】Life Design Lab 快適な空間のつくり方 Vol.02●
I DC OTSUKAとELLE DECORが“暮らしを快適にデザインしよう!”をキーワードに編集する、
デザイン情報満載のタブロイド。
第2号は建築家の谷尻誠さんと快適な空間づくりについて考えます。
posted by DECO at 13:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

パリの美しい部屋 (エルデコ)

ELLE DECOR(エルデコ) 12月号
(2012年11月07日発売) の目次


パリの美しい部屋。●
パリの美しい街並みの内側には、思わぬインテリアが潜んでいる。
まったくこの街は、人生を楽しむ天才たちの都とみえて、
部屋づくりはアート! どう暮らすかは、手抜きのできぬ美意識の証しなのだ。
“ムスターシュ”の部屋は、パリデザインの楽しさそのものだし、
プルーヴェを蘇らせたギャラリーオーナーの部屋や、
人気デザイナー、パオラ・ナヴォーネの隠れ家からは、
人生の情熱を傾けるに値する、“巣づくり”のレベルの高さが伝わってくる。
自分が望む美しい暮らしにむけて、妥協のないパリの人々。
手間をかけて創りあげた“パリの美しい部屋”へ、みなさんをご案内します。


●新たなブームの予感! パリのデザイン散歩へ。●
今、パリのデザイン界に面白い動きがある。そこで今月のエル・デコは、
“デザインの都”を目指すパリへ潜入! 
エディターと呼ばれる存在の活躍や、若手デザイナーの台頭など、
ディープな動きもキャッチ。
行っておくべき新空間から日本人の知らないミッドセンチュリーまで、
最新パリのキーワードを追跡しよう。


●今すぐ買いたい! デザイン家電 30●
見た目もよくて機能も充分な家電の見つけかたは?
ジャーナリスト、スタイリスト、クリエイティブディレクター、
3人のデザインのプロに徹底取材。
彼ら自身が実際に使っていたり、
欲しいと思っているアイテムを空間別に紹介します!


●ダイニングをもっと楽しく!●
食卓を囲み、親しい友人や家族と会話を楽しむダイニング空間。
今回はトレンドのスタイルを解説しながら、
小さい部屋にもおすすめのテーブルや椅子、新作アイテムなど、
役立つ情報満載でお届けします!
posted by DECO at 13:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

知ってるつもりで、まだまだ深い 北欧スタイル(エルデコ)

ELLE DECOR(エルデコ)
8月号 (2012年07月06日発売) の目次


知ってるつもりで、まだまだ深い 北欧スタイル
ワールド・デザイン・キャピタルで盛り上がるヘルシンキでは、
復刻が始まったイルマリ・タピオヴァーラの知られざる物語に耳を傾け、
この夏公開されるユーロ・クッカプロの自邸も、ひと足先にチェック!

また、今回はこれまであまりスポットが当たっていなかったノルウェーにも注目し、
オスロでは、東京に上陸したてのカフェ、フグレンに密着した。
編み物を流行らせた最高にクールなふたり、アルネ&カルロスといい、
’60年代デザインとカフェを融合させたフグレンといい、
ノルウェーからは、ライフスタイルの新しい風を感じるニュースが新鮮だ。
知ってるつもりで、まだまだ深い北欧スタイルを探して、夏の北欧を訪ねよう。


●いま気になる、北欧の暮らし。●
どうして私たちは北欧の暮らしに憧れるのだろう?
透き通った青空、静かな森のさざめき、湖を渡る風の涼しさ……。
恵まれた自然の近くに暮らす、北欧の人々の空間には、
洗練されながらも人に優しい、ある種の“香り”が漂っている。
今回エル・デコが選んだ実例は、北欧デザイン界の巨匠の家をはじめ
アルテックのディレクターが暮らす研ぎ澄まされた白い部屋、
北欧の新しい遺伝子で彩られた、シドニーのビクトリア様式の家など、
そのどれもが素敵で刺激に充ちた空間だった。
彼らのセンスを参考に、北欧のエッセンスを取り入れてみませんか?


●ミラノ・サローネ2012 最前線リポート!●
新世代がスパーク!
ミラノ・サローネが動いた。
nendoをはじめとする若手デザイナーが大躍進した今年のミラノ・サローネ。
そのトレンドには、今後のインテリアを考える際の鍵になる視点や発想が詰まっていた。


●キッチンをお気に入りの場所に!●
食に関心が高まるなか、家族や友人が集う場として、キッチンのあり方が見直されている。
海外の実例から、ユーロクッチーナのトレンド、オーダーキッチンの作り方、そして、キッチンツールまで、
さまざまなアイディアを参考に、自分らしいキッチンにアップデートしよう!


★ムーミンが生まれた、秘密のアトリエを訪ねて。
★日本で買いたい、楽しみたい、北欧ニュース20!
★今、世界はnendoに夢中!
...and more
posted by DECO at 13:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

エルデコ ------ グリーンの魅力をインテリアに!,,,,,,, 世界の6つの部屋をお手本に、グリーンと暮らそう!

ELLE DECOR(エルデコ)
6月号 (2012年05月07日発売) の目次


世界の6つの部屋をお手本に、グリーンと暮らそう!
自然の力をたっぷり蓄えた、グリーンの魅力をインテリアに!
今号の特集では、緑と親しく、そして楽しく暮らす空間を探して、
6人のクリエイターたちの部屋をピックアップ。
例えば、画家のクレアが元小学校を改装したアトリエからは、
草花との楽しげなおしゃべりが聞こえてきそう。
イタリア人の建築家がハミルトン島に設計した家は、
野生の植物との対話も楽しめるロケーションが素晴らしい!
彼らのスタイルをお手本に、グリーンとの暮らしを始めてみませんか?


●6つのヒントで考える、美しい収納術。●
私たちはクローゼットから服を、本棚から本を、
カップボードからグラスを出して、またしまう。
毎日行うその何げない繰り返しが、
もっと便利に、そして楽しくなれば、それはとても素敵なこと。
そんなことを考えながら収納について探ったら、
片づけが苦手な人にこそ読んでほしい特集ができました。


●3人のクリエイターの私的アドレスを公開!秘密のトリノ&ミラノ●
どんな場所へ旅するにも、そこに知り合いがいれば、
もっと深く街の懐に飛び込める。
トリノ出身で、パリのファッション界で活躍するガブリエラ・コルテーゼ、
イタリアデザイン界の重鎮であるロドルフォ・ドルドーニと、ジュリオ・カッペリーニ。
素敵な案内役3人に、訪ねてきた友達を案内するように、
いつもの場所へ連れていってもらおう!


●24時間過ごしたい、バスルームの作り方!●
今、バスルームがますます進化している!
自然素材の肌触りのいい浴槽や、バスタブや壁をオーダーメイド感覚で
プランできるユニットバス。
白を選ぶことが常識だったバスエリアに例えば「黒」を招き入れるような、
大胆なカラーリングの提案も盛んになってきた。
これまで発想することもなかったような斬新かつ新しいアイディアが次々と実現可能となった今、
バスルームは“自分仕様”に育てながらもっと積極的に楽しむのが正解だ。
いきなりフルリフォームを目指さなくても、水栓を個性的なデザインに交換したり、
洗面ボウルに小物をプラスしてみる。
それだけのトライアルでもぐっと心地よく過ごせる場所に変わるはず。
これからは、もっと自由な発想で、バスルームと付き合っていこう!


★世界の6つの部屋をお手本にグリーンと暮らそう!
★緑を楽しむインテリア術。
★美しい収納術。
★秘密のトリノ&ミラノ
★24時間過ごしたい、バスルームの作り方!
...and more
posted by DECO at 10:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

エルデコ ------ 海外から見た、日本のデザイン!.......日本人クリエイターの美しい部屋へ!

ELLE DECOR(エルデコ)
□ 2012/03/07発売号


海外から見た、日本のデザイン!
いま、日本のデザインとものづくりは、世界的に注目されています。
何故でしょうか? どこが違うのでしょうか?
エル・デコ日本版では、ハイメ・アジョンやジャスパー・モリソンなど 、
世界のデザイナーの視点で、もう一度JAPANを捉え直してみました 。
そうしたなかで改めて思うのは、故柳宗理氏のブレない立ち位置!
同時に、丸若屋や柳原照弘氏など30代の動きもおもしろい。
日本の美意識はいま、世界と交流することで、新しく見いだされ、
これまでとは違う広がりと奥行き、可能性を手にし始めているのです。


●日本人クリエイターの美しい部屋へ!●
今回紹介するのは、海外で活躍する日本人クリエイターの空間。
数々の貴重なプルーヴェが集う八木さんのアトリエ、
自作のアートたちがおしゃべりする矢倉さんのアパルトマン、
ケンゾーさんのペントハウスには、博物館級の調度品が勢揃い!
そんな彼らのデコレーションには、独自の美意識が息づいている。
眺めているだけで幸せになる、5人の空間からヒントをもらおう!


●いま、歩きたいロンドンの散歩道。●
デザイン、アート、ショッピング、そしておいしいもの!
オリンピックを控え、ますます活気づくロンドン。
ポール・スミスおすすめの散歩コース、
どんどんお洒落になっていくイースト・ロンドンエリア、
そのほかにも行くべきストリートが目白押し。
いまこそ、ロンドンに行かなくちゃ!


●エル・デコ20周年企画 【特別付録】 ジャン・プルーヴェの名作椅子を作ろう●
あのジャン・プルーヴェの名作椅子「Cite Armchair」をペーパークラフトで再現しました。
ヴィトラ社の認可も受けた精密ペーパーモデルだから、出来栄えもスペシャル!
★海外デザイナーが注目する、日本のプロダクト!
★日本の想像力を世界へ!ジャパンクリエイティブ始動。
★あなたを変えるベッドルーム
★4つのポテンシャルで考える住みたい家を作ろう!
...and more!


posted by DECO at 15:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

エルデコ ------- 2012年トレンド大予測!......地に足の着いた暮らし、手で触れて得られる素材の実感

ELLE DECOR(エルデコ)
□ 2012/01/07発売号



●インテリア・デザイナーの家を大公開!●
デザインやインテリアの達人は、どんな空間に暮らしているのだろう?
そんな私たちの好奇心を満たしてくれるのは、いま注目を集める6人のプロフェッショナルたちの、
プライベート空間。実物大のキリンをインテリアに取り入れたオラ・イトをはじめ、
マリブビーチの別荘を、大胆な装飾で埋め尽くすケリー・ウェアスラー。
シュルテン&バーイングスは、繊細な色が奏でる空間を楽しんでいた。
彼らのクラス空間には、デコレーションの工夫とテクニックがぎっしり。
一度目にしたら忘れられない、驚きの空間を訪ねてみよう!


2012年トレンド大予測!
決して明るいとはいえなかった2011年をくぐり抜けて、私達の幸福感や未来観は大きく変化した。
地に足の着いた暮らし、手で触れて得られる素材の実感。自由で軽やかで、
人や自然との結びつきが感じられるものや、職人仕事とアート性が融合したデザインに惹かれる。
取材を通して集まったキーワードをもとに、2012年のトレンドを読み解く!


●夢のコラボが実現!写真家ポール・スミスが、NIGOの家にやってきた。●
英国を代表するデザイナーが日本のバッグ・ストリート・キング邸を撮影。
ともに街を制覇した二人のコレクターの白熱のコラボをお届け。


●美意識に招かれる旅、アルマーニ ホテル ミラノへ●
究極のハイエンドリゾートともいうべきアルマーニホテル ドバイの開業から約1年。
ミラノのハードエリアに待望のアルマーニ ホテル ミラノが先頃オープンした。
アルマーニの美意識が貫かれた、圧倒的かつエレガントな空間をご紹介しよう。


●【完全保存版】今年買いたい!家具カタログ128●


★2012年を面白くする、モノ、人、コトをチェック!
★SOHOをもっとおしゃれに!
★井浦新×丸若屋 新連載スタート!
★物づくりの裏側のストーリー、「パトリシア・ウラキオラの世界」へ
★建築家・石上純也と見た、「CULTURE CHANEL」展
★ゴッホの書いた雲の下、アムステルダム自転車の旅

posted by DECO at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

インテリア・デザイナーの家を大公開!

ELLE DECOR(エルデコ)
□ 2012/01/07発売号



インテリア・デザイナーの家を大公開!
デザインやインテリアの達人は、どんな空間に暮らしているのだろう?
そんな私たちの好奇心を満たしてくれるのは、いま注目を集める6人のプロフェッショナルたちの、
プライベート空間。実物大のキリンをインテリアに取り入れたオラ・イトをはじめ、
マリブビーチの別荘を、大胆な装飾で埋め尽くすケリー・ウェアスラー。
シュルテン&バーイングスは、繊細な色が奏でる空間を楽しんでいた。
彼らのクラス空間には、デコレーションの工夫とテクニックがぎっしり。
一度目にしたら忘れられない、驚きの空間を訪ねてみよう!


●2012年トレンド大予測!●
決して明るいとはいえなかった2011年をくぐり抜けて、私達の幸福感や未来観は大きく変化した。
地に足の着いた暮らし、手で触れて得られる素材の実感。自由で軽やかで、
人や自然との結びつきが感じられるものや、職人仕事とアート性が融合したデザインに惹かれる。
取材を通して集まったキーワードをもとに、2012年のトレンドを読み解く!


●夢のコラボが実現!写真家ポール・スミスが、NIGOの家にやってきた。●
英国を代表するデザイナーが日本のバッグ・ストリート・キング邸を撮影。
ともに街を制覇した二人のコレクターの白熱のコラボをお届け。


●美意識に招かれる旅、アルマーニ ホテル ミラノへ●
究極のハイエンドリゾートともいうべきアルマーニホテル ドバイの開業から約1年。
ミラノのハードエリアに待望のアルマーニ ホテル ミラノが先頃オープンした。
アルマーニの美意識が貫かれた、圧倒的かつエレガントな空間をご紹介しよう。


●【完全保存版】今年買いたい!家具カタログ128●


★2012年を面白くする、モノ、人、コトをチェック!
★SOHOをもっとおしゃれに!
★井浦新×丸若屋 新連載スタート!
★物づくりの裏側のストーリー、「パトリシア・ウラキオラの世界」へ
★建築家・石上純也と見た、「CULTURE CHANEL」展
★ゴッホの書いた雲の下、アムステルダム自転車の旅

posted by DECO at 16:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

スタイル別インテリア講座

ELLE DECOR(エルデコ)
□ 2011/07/07発売号


●理想のキッチンが見たい!●
キッチンだってリビングルームと同じように、空間として考えることが必要。
今回はデコレーションのアイディアから、最新の設備、ツール、テーブルウェアまで、幅広くご紹介。
さあ、憧れのキッチン空間を作り始めよう!


●こんなリビング欲しかった!●
家の主役ともいえるリビングルームを、さらにパワーアップさせませんか?
ここでは、お手本にしたい6つのコーディネートをご紹介!
ブルレック兄弟の新作を使ったヒッピースタイルから、
カラフルな名作ソファで彩る空間まで、今イチ押しのアイディア満載です!


スタイル別インテリア講座
今、私たちが心地よいと感じる暮らしは、どんなスタイルの家だろう?
本物のアートに元気づけられたり、アウトドアを部屋にするという新発想、
和を感じる様式美に北欧の名作を調和させたり、家族が夏の思い出を紡ぐカントリーハウス、
都会に住みながらも自然界のカタチに心和むスタイル。
さらに”最終目的地”としての質素な小屋暮らしや、
20世紀の名住宅が美しく蘇った新・ミッドセンチュリースタイル。
幸せな気持ちを与えてくれる7つのスタイルを創った、達人たちの答えを見てみよう。


●スタイル別インテリア講座
●理想のキッチンが見たい!
●こんなリビング欲しかった!
●チャリティ・オークション
●ミラノ・サローネNEWS 126

posted by DECO at 16:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

エルデコ ------ LIVING WITH GREEN.....風と緑のガーデンを作ろう!

ELLE DECOR(エルデコ)
□ 2011/05/07発売



LIVING WITH GREEN
可憐に咲く花や生い茂る草木、植物には計り知れないヒーリングの力が備わっている。
自然界だけが創り出すことのできる造形、色、触感、音、香り・・・・。
そのすべての無限な美しさが、私たちに限りない癒しと元気を与えてくれる。
今月号は、世界中から”植物と心地よく暮らす”7名の家を紹介。
オーストラリアの建築家は家のなかに”自然公園”をそのまま取り込み、
シチリアのインテリアデコレーターは浴室をジャスミンでいっぱいにする。
さあ初夏に向けて、自然が生んだ最高のデザインを、家に招き入れてみませんか?

●風と緑のガーデンを作ろう!
●バスタイムをもっと楽しく!これから揃える、水まわりアイテム36
●人気インテリア・ショップが参加!チャリティBOOK
●Pray for Japan in ”EDIDA 2011”

posted by DECO at 14:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

インテリアデザイナーの家が見たい!(エルデコ)

ELLE DECOR(エルデコ)
□ 2011/01/07発売号



インテリアデザイナーの家が見たい!
インテリアのプロは、いったいどんな家に住んでいるのだろう?今回紹介するのは、世界のトップで活躍するインテリアデザイナーの家。N Y で暮らすジョナサン・アドラーは、色をちりばめて幸せを呼び込む部屋を作り、バルセロナの“癒しの空間”や、パリの黒真珠色の壁にもアイディアがいっぱいだ。あらゆる技が潜むプロの家を参考に、2011年こそ“美しい暮らし”を手に入れよう。
インテリアデザイナーの家が見たい!
デザイン家電BEST BUY
美しい照明のすべて
世界のエル・デコと共同編集!トレンドまるわかり!
2011年どれを買う?マンション購入作戦!

posted by DECO at 20:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

エルデコ......海外実例から家具の見つけ方まで−美しい収納

ELLE DECOR(エルデコ)
□ 2010/11/06発売号




海外実例から家具の見つけ方まで−美しい収納

/羽田空港で探す!−いま欲しい椅子カタログ111

/世界の靴デザイナーが贈る−とびきりおしゃれなXmasのインテリア!

posted by DECO at 15:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

★夏のインテリア ----- 北欧からハワイまで、海と山の家を訪ねて!

ELLE・DECO (エル・デコ)
□ 2010/07/07発売号



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
北欧からハワイまで、海と山の家を訪ねて!
★夏のインテリア
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「空気がきれいで」「緑豊かで」「海が近くで」「インテリアも完璧」な別荘が欲しい。
そんなあなたのために、エル・デコが極上のサマーハウスを見つけてきました!
パオラ・ナヴォーネがひと夏を過ごすエーゲ海の島や、
トム・フォードが惚れ込んだ、ジョン・ロートナーのLAの名建築、
コパカバーナの高級レジデンス、ソットサスがハワイに創った夏の家……。
本特集でピックアップしたのは、ちょっと他にない極めつきのサマーインテリア。
居心地のいいひと夏を手に入れるために、参考にしてみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★『Sex and the City 2』
プロデューサーのNYとロスの家に潜入!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
世界中の女性を虜にした『Sex and the City 2』のプロデューサー、ジョン・メルフィ。
男性のパートナーと暮らす彼の美意識が詰まった、NYとLAの家を紹介しよう。
スタイリスト長山智美さんによる、2軒の家と映画のなかのインテリア解説もお見逃しなく!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★美しい提案に学ぼう!最新キッチンニュース42
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
クリエイティブな空間として発展を続けるキッチンは、常に新しい提案が求められている。
使いやすくデザインがいいのは当たり前、さらに独自の工夫が備わっていること。
今注目すべきはどんなキッチンなのか、その傾向と選ぶポイントを考察してみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★この夏は島をめぐる、瀬戸内海アートの旅へ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
瀬戸内海の7つの島と高松港を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭2010」。
アイランド・ホッピングをしながらアートを楽しめるなんて、
なんとも心惹かれる響きだ。開催に先駆けてその魅力を紹介する。
posted by DECO at 16:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

インテリア大図鑑 ------ 居心地のいい自分の部屋を創ろうとする人は、たくさんの実例を見る必要があります。

ELLE・DECO (エル・デコ)
□ 2010/05/07発売号



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★インテリア大図鑑。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

居心地のいい自分の部屋を創ろうとする人は、たくさんの実例を見る必要があります。
アイディアが欲しい。ヒントを探している。いろんな可能性を知っておきたい……。
例えばオスカー・ニーマイヤーの北米の家や、ピエロ・リッソーニのリノベーション、
今回紹介する家には、私たちが今すぐ試したくなるようなお手本となる考え方が、
たくさん詰まっていました。特集の最後には、プロが読み解いたディテール解説も収録。
さあいっしょに、理想のインテリアを実現してみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★いま、ヴィトラが面白い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヴィトラの新しいショールームがドイツの工場敷地内にオープンし人気だ。
いつも新しい話題を運んできてくれるヴィトラは、デザイン性の高いプロダクトも
相まって、なぜかしら心をときめかせてくれる。デザイナーたちにとっても
それは同じで、ヴィトラは特別な存在らしい。それはなぜなのか。
会長インタビューを通し、その魅力に迫る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★テーブルからキッチンまで、今の空気にこだわった演出を!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キッチン&テーブルまわりのグッドデザインな雑貨が大集合。
スタイリングから人気ブランドの新作までを、一挙に紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★究極の癒しをかなえる、バスルームのアイディア30
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バスルームは都会に暮らす私たちにとって、大切なプライベート空間だ。
その空間に身を委ねれば、瞬く間に心を解放し、疲れを消し去ってくれる。
常に進化を続けるその設備は、デザイナーの手によるものも多く、デザインに
こだわって選ぶ楽しみも用意されている。今回の特集ではデザインジャーナリスト
の本間美紀さんを迎え、今、私たちが快適なバスルームを手に入れるには、
どんな視点が必要なのか、何を選べばいいのか、そのヒントをさまざまな角度から
探ってみた。究極の癒しの時間を実現する、美しいバスルームの世界に飛び込もう!


posted by DECO at 15:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

パリに学ぶ、美しい暮らし。パリの部屋はどこがいいのか? なぜ魅力的なのか? 知りたいと思いませんか?

ELLE・DECO (エル・デコ)
□ 2010/03/06発売号


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★パリに学ぶ、美しい暮らし。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

パリの部屋はどこがいいのか? なぜ魅力的なのか? 知りたいと思いませんか?
空中回廊のような部屋の作り方、カラフルな色を大胆に楽しむセンス、
あるいは、いま話題のLED照明を、いち早くおしゃれに取り入れる方法などなど。
今号は、日本で活躍する3人の専門家の解説付きで、パリの部屋の秘密に迫ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インテリアが楽しくなる
★建築家の空間に住みたい!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今住んでいる空間には満足していますか? 100点満点でいうと何点ですか?
うーん、正直言うとぜんぜん納得がいかなくて……。
そんなあなた、今年こそエル・デコといっしょに、理想の空間を見つけませんか?
今回の特集では、13mの集合住宅から築25年のリノベーションまで、
6組の建築家たちが手がけた家を、エル・デコがスタイリング。
“そこに暮らすとしたら”というイメージをリアルに表現してみました。
自分ならこんなディテールがいい、ここにはあの家具を置いて……。
楽しい空間での暮らしを想い描きながら、理想の実現へと一歩踏み出しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
総力特集24P!部屋の作り方教えます!
★新生活レッスン2010
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
春は、新しい生活のスタートの季節。理想の空間が見つかったら、
家具の選び方はどうすればいい? 引っ越しするときの注意点は?
プロ推薦の家具やアドバイスを活用すれば、2010年の新生活は、
きっと美しく始まるはず。自分が本当に好きなものたちだけと、
美的に、心地よく暮らし始めよう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★パリの最旬レストラン&ホテル20
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いま、パリの街にはインテリアが評判の空間が続々と登場!
凝った内装のレストラン、住みたいと思わせるホテルなど、
部屋作りのアイディアの宝庫だ。また、日本人にはあまり知られて
いない20区に、若手クリエイターが集まりだしたという。
デザインをキーワードに、最新のパリを眺めてみよう。

posted by DECO at 23:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

★世界の美しいアパートメント・・・日本の集合住宅でも美しく暮らせるヒントが盛りだくさん。

ELLE・DECO (エル・デコ)

□ 2010/01/07発売号



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★世界の美しいアパートメント
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NYで今話題の54 Boundのペントハウスの暮らしや、ミラノのパトリシア・
ウルキオラがリノベーションした住宅を紹介。日本では、話題の隈研吾氏
のパークコート神楽坂を取材した。そこには、日本の集合住宅でも美しく
暮らせるヒントが盛りだくさん。
2010年こそ、自分の暮らしの理想の形を追求してみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★ファッションデザイナーの家。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1)PARIS:まるで近未来の宇宙船、カール・ラガーフェルド邸へ。
(2)LONDON:色彩の魔法をかけられた、マシュー・ウィリアムソンの家。
(3)NY:静けさと平和に満ちた、ダナ・キャラン、NYの隠れ家。
(4)COTE D’AZUR:南仏の太陽を浴びる、ジョン・ロシャの静かな別荘。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★これからどうなる?デザイン・トレンド予測2010
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1)今世界が注目する、気鋭のデザイナーたち
(2)独自の世界観で進化するブランドといえば。
(3)デザインウォッチャーたちの視線の先には?
(4)教えて!人気スタイリストの未来予測。
(5)2010年の傾向がわかる!IFFT最新インテリアリポート

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★小さな家でもやっぱり欲しい、理想のSOHOとは?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
家の中にワークスペースがない!だからといって理想のSOHOスタイルを
諦めるのは、まだ早い。小さくても美しいワークルームを手に入れるための
4つのヒントを、ここに紹介しよう。
(1)自宅のデッドスペースを、オフィスに変える方法とは?
(2)自由な発想を引き出す、ワークチェアを手に入れよう!
(3)手もとに光を集める、おすすめの照明器具8
(4)仕事道具探しには、遊びごころが大切です!

 
posted by DECO at 00:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。