2015年08月22日

エルデコ ----- 北欧デザインと暮らしたい!●

ELLE DECOR(エルデコ) 2015年8月号 (2015年07月07日発売) 紙版の目次

紙版|デジタル版


北欧デザインと暮らしたい!●
日常に溶け込んだデザインを探す、北欧の旅。
スウェーデンでは、リサ・ラーソンの自宅を訪ねてお茶を一緒にいただいたり、
“ガラスの王国”でヴィンテージを探したり。
デンマークの美術館やレストランの空間を巡るいっぽうで、
フィンランドでタピオ・ヴィルカラの仕事をひも解いてみたり…。
そこには、使われることによって完成する美がありました。
北欧が生み出した暮らしに寄り添うデザイン、その魅力を感じてください。


●リサ・ラーソンの幸せな毎日●
まるで訪ねてきた親戚のように、私たちを温かく自宅に迎えてくれたリサ・ラーソン。
リサと夫のグンナルによる作品、長く大切に使われてきた古い食器や家具、
旅先で手に入れた思い出のオブジェなど、ここではすべてのものに物語がある。
そして日常の一部として、新しい作品が今日もこの場所から生まれている。


●ガラスの王国に眠るヴィンテージに出会う旅へ!●
スウェーデン南部のスモーランド地方に、.ガラスの王国1と呼ばれる場所がある。
現在もコスタ ボダやスクルフなどの有名工場があるが、かつては100軒近い工房があったという。
どこまでも続く森をドライブしながらヴィンテージショップを巡り、ガラスの宝探しをしよう!


●ミラノ・サローネ2015詳報!●
ミラノ万博の前哨戦ともいうべく
いつになく街全体が大きな盛り上がりを見せた2015年のミラノ・サローネ。
今回エル・デコは5つの視点から気になるデザインの流れをダイジェストしてみた。


●平和のデザインを訪ねて広島へ●
太平洋戦争の終結から70年目の今年、
「70年間草木も生えない」といわれた広島の街には、水が流れ、緑が輝き、人々は活気に溢れている。
その復興を支えた陰には、巨匠たちによる名建築の数々とそれを見て
建築を志した者たちが継承し続けてきた思いがあった。
「平和」を祈りながら更新されてきた街を、エル・デコと一緒に旅してみよう。


●別冊付録!北欧インテリア図鑑●
今回は、ヴィンテージの器から名作チェア、人気ブランドのテーブルウェア、テキスタイルの定番まで、
北欧の優れたデザインをこの一冊にギュッと詰め込みました。
どんな人がデザインしたの? その背後にあるストーリーは? どこに行けば買える?
そんな疑問にもお答えする、北欧デザインがまるごとわかるハンドブック。
いつも手元に置いておきたい、便利な特別保存版です。
posted by DECO at 16:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

英国の美しい暮らし(エルデコ)

ELLE DECOR(エルデコ) 12月号
(2013年11月07日発売) の目次


英国の美しい暮らし
・郊外の小さな美術館
・海辺の街で日用品探し
・ロンドン最新ガイド
●照明のトレンド図鑑
●ネンドによる“くまのプーさん”Project
posted by DECO at 18:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。